PMJ 2006 Technical Exhibition (第13回ホトマスク技術展示会)
| 2006年出展社 | 開催概要 | 出展のご案内 | 出展規約 |
出展規約
 
1 小間の転貸などの禁止
  出展社は、自社分の小間をPhotomask Japanの承諾なしに転貸、売買、交換あるいは譲渡することはできないものとします。
2 共同出展社の取扱い
  2社以上の申込者が共同で出展する場合、1社が代表して申し込み、共同出展する社名などを申し込み時にPhotomask Japanへ通知するものとします。
3 出展物の設置及び撤去
  出展社は、Photomask Japanの定めるスケジュールに沿って小間内の装飾、及び出展物の搬入出を行わなければならないものとします。
会期中の出展物の搬入・移動・搬出の必要が発生した場合はPhotomask Japanの承認を得た後、作業を行うこととします。
4 展示場の使用
  宣伝・営業活動はすべて展示小間の中に限られるものとします。
各出展社は、宣伝活動のために小間近辺の通路が混雑することのないよう責任を持つものとします。
装飾物などいかなるものも、割り当てられた床の範囲を越えてはならないものとします。Photomask Japanはその音、操作方法、材料またはその他の理由から問題があると思われる装飾物・展示物、展示会の目的に沿わない展示物を禁止又は撤去する権限を有するものとします。
この権限は、人・物・行為・印刷物等Photomask Japanが問題があると考える性質のすべてに及ぶものとします。
上記の制限または撤去が行われた場合、Photomask Japanは出展社に対しいかなる返金、またはその他の関連費用負担の責を負わないものとします。
5 出展物の管理と免責
  Photomask Japanは、展示会場の管理・保全について事故防止に最善の注意をはらいますが、あらゆる原因から生ずる各出展物の損失または損害についてその責任を負いません。
6 損害賠償
  出展社は、自己またはその代理人の不注意その他によって生じた、会場設備または展示会の建造物もしくは人身等に対する一切の損失についての責任を負うものとします。
7 展示会の中止
  Photomask Japanは、展示会が開催される土地建物が入場に不適当となった場合、または正当な不可抗力原因により開催が妨害された場合は、その自身の判断によって会期を変更、もしくは開催を中止することがあります。
Photomask Japanはこれによって生ずる損害、費用の増加、その他出展社に生じた不利益な事態については責任を負わないものとします。
8 出展料金支払い方法
  出展社はPhotomask Japan 展示事務局が発行する請求書に基づき、請求書記載の期日までに出展料を支払うものとします。
出展社からの支払いは、Photomask Japanが請求書に記載した指定口座に日本円で支払うものとします。
約束手形・小切手等の取扱いはいたしません。
9 出展の変更または取り消しについて
  展示参加確定通知後の都合によるキャンセルは、原則として認めません。
申込書受理後の取り消しについては、以下の解約料をお支払いいただきます。
出展申込〜出展確認書送付まで 無料
出展確認書送付〜2006年2月28日(火)まで 出展小間料の 50%
2006年3月1日(水)以降 出展小間料の 100%
10 ロゴマークの使用について
  出展社は、以下の条件によりPhotomask Japan(PMJ)のロゴマークを使用することができます。
・ 「Photomask Japan 2006 第13回ホトマスク技術展示会」に関する告知を目的として使用すること
・ 使用期間は、出展申込時より、2006年9月29日(金)までとすること
11 規定の遵守
  出展社は、Photomask Japanが定める一連の規約を遵守することに同意するものとします。
12 規約の変更と追加
  出展社は、この規約に定められていない事項、またはこの規約の条項について疑義が生じた場合は、Photomask Japanの決定に従うものとします。
Photomask Japanは、各年度ごとの出展社に通知の上、この規約を改訂あるいは追補できる権利を有するものとします。